熊本の誘致企業発掘サイト ハタラクト
合志市[バイク・自動車関連]
企業一覧に戻る
小さな工場から日本中へ!
自動車・二輪等の重要部品を生産
GOHSYUホールディングス 九州精鍛株式会社
その他
技術
事務
国産自動車の1/4が部品を使用!
「九州精鍛株式会社」は、自動車・二輪・農業機械などの重要部品の生産で業界トップクラスの規模を誇る「ゴーシューホールディングス」が親会社で、1981年に熊本県で創立されました。ダイハツ(車)やホンダ(バイク)、ヤンマー(農機)などのエンジンシャフト等の部品を製造。現在、国産自動車の約4台に1台は、同社を含むグループ全体で作られた部品を使用しています。
2019年には新工場誕生で、さらにパワーアップ!
日本の伝統技法「鍛造(金属を鍛えて形造る)」を用い、最新の技術と設備で各種部品を製造する様子はダイナミック。熊本工場には、2019年に新工場が増設され、九州最大クラスとなる3150トン全自動プレス機を導入予定です。新工場は、「人にやさしい工場」を目指していて、より一層働きやすい職場環境が整備されるでしょう。
会社の支援で未経験者も一人前に
募集は技術職が中心ですが、入社の際に資格は必要ありません。未経験者でも大歓迎で、資格取得支援制度の採用、経験者の丁寧な指導により、一人前の技術者に育て上げていきます。そんな同社の魅力は、家族的な雰囲気。お互いが「人のために」と考え動くため、人間関係も良好です。常務取締役工場長の白石成彦さんが、「製造業は縁の下の力持ち」と話す通り、これからも日本の自動車業界を支え続けます。
先輩
先輩紹介
ケイスケさん(合志市出身)
2010年入社
製造部
現場主導の「自主保全活動(TPM活動)」を採用し、各ラインで「働きやすい環境」を提案。自主的な活動を通じ、社員自らが成長を実感しています。休日も仕事仲間とスポーツをするなど、家族ぐるみの付き合いができるのも魅力の一つです。
普段走っているのを見かける自動車の多くに、自分たちの作った部品が使われているなんてスゴいことだし、やりがいがあります!会社が一つの“家族”のような働きやすさも気に入ってます。
地元・合志市出身者が多く、お互いを思いやる気持ちが強いスタッフたち
会社がスポーツイベントを積極的にサポートし、コミュニケーションを深めます
人間関係の良さを物語るように、離職者は10年間でわずか2名
企業名 九州精鍛株式会社
代表者 代表取締役社長 後藤啓之
住所 熊本県合志市豊岡1230-40
TEL 096-248-4567
資本金 約5,000万円
社員数 約50名
(2018年7月現在)
採用に関するお問い合わせは
TEL.096-248-4567
企業一覧に戻る
このページに関する
お問い合わせは
(ID:18)

企画・制作:熊本県、熊本県企業誘致連絡協議会
お問い合わせ先:熊本県企業立地課(TEL)096-333-2330
〒862-8570 熊本市中央区水前寺6丁目18番1号

CopyRights (C)Kumamoto Prefecture All rights Reserved.