熊本の誘致企業発掘サイト ハタラクト
上益城郡[半導体関連]
企業一覧に戻る
ミクロン単位の精緻な金属加工技術を誇り
海外でも高い評価を受ける会社
日精電子株式会社
技術
半導体産業を支える精密かつ正確な技術力
熊本に進出し30年以上の歴史を持つ半導体部品製造会社「日精電子」。金属の微細加工技術で、コンピュータのフラッシュメモリーなどに使用するリードフレーム(リード線の役割をする金属部品)や、自動車向け電子機器に使われる精密部品の試作・量産を手掛けています。
独自開発の自動加工装置は海外にも輸出
長年にわたり培った「プレス加工」と「金属機械加工」の技術を駆使した“ものづくり”が強みの同社。顧客のオーダーに応じ、金型の設計や製造から他社製品の改造まで行うので、社員には幅広い発想力や理解力が求められます。また、同社のノウハウを集約して開発した半導体製造装置「ismart」は、国内はもとより東南アジアを中心とした海外にも輸出され、高精度な装置としてさまざまなメーカーのものづくりを支えています。
職人技の加工技術を持つエンジニア
最新の加工機械を使っていても、日々の気温や湿度の変化で製品にはマイクロメートル単位のズレが生じます。ちょっとした変化を感じて調整する作業は、難しさもある反面、エンジニアとしての腕の見せどころでもあります。熟練工になると、機械も測れないわずかな違いを感じて加工します。ものづくりの道を極めようと、日々、切磋琢磨している先輩社員と一緒に、エンジニアとして活躍してみませんか。
先輩
先輩紹介
伊津野さん(球磨郡あさぎり町出身)
2017年入社
技術(研削加工)
精密金型を作る仕事をしている伊津野さん。機械のクセや変化を肌感覚で読み取り、操作する技術が必要ですが、寸法精度が厳しいところを狙い通りにできた時に、達成感とやりがいを感じています。
同僚や先輩社員の皆さんは、気さくな方が多くて楽しい職場です。昼休憩では、200円で食べられるお弁当を毎日食べていますが、美味しすぎて食べ過ぎないようにするのが大変です(笑)。
同社の技術が詰まった半導体製造装置「ismart」。海外への販売も順調
新人教育も積極的で、先輩社員が技術指導などを丁寧に行います
機械よりも精度の高い仕事をする熟練技術者が多数活躍
企業名 日精電子株式会社
代表者 代表取締役社長 吉田 昌弘
住所 熊本県上益城郡益城町小池977-1
TEL 096-288-8144
資本金 3,000万円
社員数 58名
(2018年7月現在)
採用に関するお問い合わせは
TEL.096-288-8144
企業一覧に戻る
このページに関する
お問い合わせは
(ID:29)

企画・制作:熊本県、熊本県企業誘致連絡協議会
お問い合わせ先:熊本県企業立地課(TEL)096-333-2330
〒862-8570 熊本市中央区水前寺6丁目18番1号

CopyRights (C)Kumamoto Prefecture All rights Reserved.