熊本の誘致企業発掘サイト ハタラクト
菊池市[半導体関連]
企業一覧に戻る
半導体の進化と共に技術を磨いた
検査機器で世界屈指のシェアを誇る
日本電子材料株式会社 熊本事業所
その他
技術
世界中の半導体検査で使用するプローブカード
半導体製造で使用される検査機器「プローブカード」で、世界屈指のシェアを誇る「日本電子材料」。一般には馴染みがない製品ですが、集積回路やLSIの良否を判別する“ウエハテスト”において必ず使用され、半導体製造には必要不可欠なものです。同社は「プローブカード」の開発から製造、販売まで一貫して行い、世界各地に築かれた拠点を通してグローバルな顧客に供給する、東証一部上場企業です。
世界最先端の技術と製品を「熊本」から
「探針付き基板」と訳されるプローブカードは、数十万個並んだ髪の毛ほどの針が、ウエハ上のICチップ全てに接触し、テスタと呼ばれる機器につなぎ電気的特性を測定します。ウエハの種類に応じたプローブカードが必要で、テスタそれぞれの仕様も考慮します。本社と熊本の技術・開発部門、海外の拠点や顧客と頻繁に話し合いながら、一つの製品を作り上げていきます。
若手も積極的に仕事ができる環境
1985年に、同社の主力製品であるプローブカードの開発・製造の拠点として操業を開始し、世界的な半導体需要の増加に合わせて拡張してきた熊本事業所。熊本に居ながら半導体産業のグローバルな仕事を経験でき、若手でも責任のある仕事を任せてもらえるので、やりがいや成長を実感できます。フレックスタイム制度や1時間単位での有給取得制度など、社員一人一人を尊重する社風も、同社の特長の一つです。
先輩
先輩紹介
ゆうさん(玉名市出身)
2018年入社
技術(基板開発)
プローブカードのメイン基板の開発を担当しているゆうさん。顧客の使用環境に適した電子特性などを設計担当と打ち合わせしながら、一緒に開発していきます。
最近は、休日を利用してトレーニングジムに通っています。洋服が好きなので、給料日前にはネットや雑誌で買いたい服を調べて、働くモチベーションにしています。
役員や部課長も一つのフロアで仕事をし、上司や部下、部署間のコミュニケーションも活発
一部自動化していますが、細かいハンダ付けや最後の調整などは、顕微鏡を使って人の手で行っています
半導体に応じてプローブカードのタイプもさまざま。米国シリコンバレーの拠点などで最先端技術やトレンドをキャッチし、独自の製品を生み出しています
企業名 日本電子材料株式会社 熊本事業所
代表者 代表取締役社長 大久保 和正
住所 熊本県菊池市七城町蘇崎1396-5
TEL 0968-26-4101
資本金 9億8,310万円
社員数 362名
(2019年2月現在)
採用に関するお問い合わせは
TEL.0968-26-4101
企業一覧に戻る
このページに関する
お問い合わせは
(ID:74)

企画・制作:熊本県、熊本県企業誘致連絡協議会
お問い合わせ先:熊本県企業立地課(TEL)096-333-2330
〒862-8570 熊本市中央区水前寺6丁目18番1号

CopyRights (C)Kumamoto Prefecture All rights Reserved.