総合トップへ
企業立地ガイドKUMAMOTO
ホーム  >  概要  >  1 アジア・九州各県への抜群のアクセス

概要

1 アジア・九州各県への抜群のアクセス

最終更新日 [2017年3月21日]  

 熊本県は九州の中心に位置し、九州の交通要衝地として非常に利便性が高く、生産や物流、営業拠点として最適です。

 また、アジアに近い九州・熊本を拠点とすれば、韓国、台湾、中国などの主要都市を中心に、熊本から、あるいは距離的に近い福岡を経由して、世界を見据えたビジネス展開が可能です。


交通アクセス


<交通アクセス>
東京-熊本95分(飛行機)
中部-熊本75分(飛行機)
小牧-熊本85分(飛行機)
伊丹-熊本65分(飛行機)
福岡-熊本110分(バス)
天神バスセンター
~熊本交通センター
(スーパーノンストップ)
福岡-熊本33分(JR)
博多駅~熊本駅 
天草-熊本20分(飛行機)
天草-福岡35分(飛行機)
沖縄-熊本90分(飛行機)
ソウル-熊本90分(飛行機)
台湾高雄-熊本150分(飛行機)
香港-熊本180分(飛行機)

◆高速道路網
 九州縦貫自動車道などの高速道路網の発達で、九州各県の主要都市まで150分前後で結ばれています。

 また、九州横断自動車道延岡線、中九州横断道路や、スマートICの整備が進むことで、交通の要衝として更なる発展が期待されています。


◆九州新幹線鹿児島ルート

 博多~熊本間が最速33分、新大阪~熊本間が最速2時間58分で結ばれ、ぐっと近くなりました。


◆阿蘇くまもと空港

 大型旅客機にも対応する3,000m滑走路や悪天候時の離発着に強みを発揮する最新の計器着陸装置CAT-Ⅲbを有し、年間320万人を超える利用客があります。

 JR駅からの空港ライナーなど、空港アクセスの利便性向上が進み、九州の中心に位置する拠点空港として期待されています。


◆熊本港、八代港

 両港から、世界屈指のハブ港である韓国・釜山港との間に定期コンテナ船が運航中。

熊本港にはガントリークレーンが整備され、八代港にも平成29年度にフルガントリークレーンが整備されるなど、利便性がますます高まり、熊本都市圏・南九州の物流拠点港としてさらなる発展が期待されています。


※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)