熊本の誘致企業発掘サイト ハタラクト
菊池郡大津町[半導体関連]
企業一覧に戻る
一世紀以上の歴史で培った技術を武器に
半導体などの先端事業を切り開く
濱田重工株式会社 シリコンウエハー事業部
技術
日本の基幹産業を支える一翼を担う
「濱田重工株式会社」は、1898年に官営八幡製鐵所・東田第1高炉のガス管工事をきっかけに創業。以来120年超もの間、鉄鋼関連事業の技術を高め、日本の工業界の発展を支えてきました。また、培った技術力をベースにエンジニアリング事業を始め、大型クレーンや各種コンベアなどの搬送機器メーカーとしての地位も確立しました。さらに、いち早く環境保全や資源リサイクルに取り組み、1991年からはシリコンウエハーの再生加工を主とする半導体事業を開始。2014年には、北九州市が進める環境未来都市計画に呼応し、太陽光発電事業もスタートさせています。
「重工」のイメージを超えた事業展開
現在同社では、鉄鋼関連事業・エンジニアリング事業・半導体事業の3事業を柱とし、熊本とマレーシアの2拠点体制で半導体事業を展開。なかでも熊本工場は、同事業開始時からの基幹工場として重要な役割を担っています。顧客である国内外の大手メーカーから、使用済みのモニターウエハーやダミーウエハーを預かり、温湿度・清浄度が厳密に管理されたクラス1~1000のハイレベルクリーンルームにて、研磨や洗浄等の処理を施して再生しています。厳格な検査に合格したウエハーを顧客に戻すことで信頼を得、同分野では世界トップクラスのシェアと技術力を有するまでになりました。
「誠心」で人と自然に対し新たな歴史を紡ぐ
半導体業界は日進月歩のスピードで技術開発が進み、顧客からの高い要求に応えるためには日々の研鑽が欠かせません。それを可能にしたのは、同社の企業理念「誠心(まごころ)」の下で綿々と受け継がれてきた、人を大切にする企業風土です。社員へしっかりとした研修や教育、配属後のサポートを施すことが成長の原動力となっています。また、阿蘇山での植樹活動など自然環境保護にも積極的に取り組み、自然との調和と地域社会との共生を目指しています。
先輩
先輩紹介
村永大輝さん(菊池郡菊陽町出身)
2019年入社
製造グループ
クリーンルーム内でシリコンウエハー再生加工業務に従事しています。装置オペレーターとしてウエハー(半導体素子製造の材料)を装置にセットし、加工後に取り出す作業や機械トラブルの対応などに当たっています。
地元・大津高校の出身で、高校時代に工場見学で当社を訪れました。働く環境や先輩社員の人柄など、とても雰囲気が良いと感じて就職を希望しました。勤務は3交代制で、休みの日には地元の友人とサッカーをするなどして楽しんでいます。
入社後もフォロー教育や薬品教育などを定期的に行い、手順や品質の統一・安定を図っています
阿蘇外輪山の麓にある熊本工場。自然環境保護に力を入れ、植樹活動なども行っています
社員の親睦を図るイベント「ボウリング大会」の様子。社員の互助会があり、忘年会などでは会費の補助もあります
企業名 濱田重工株式会社 シリコンウエハー事業部
代表者 代表取締役社長 松本 豊
住所 熊本県菊池郡大津町高尾野272-8
TEL 096-293-5600
資本金 3億2,604万円
社員数 2,038名(熊本286名)
(2020年1月現在)
採用に関するお問い合わせは
TEL.096-293-5600
企業一覧に戻る
このページに関する
お問い合わせは
(ID:100)

企画・制作:熊本県、熊本県企業誘致連絡協議会
お問い合わせ先:熊本県企業立地課(TEL)096-333-2330
〒862-8570 熊本市中央区水前寺6丁目18番1号

CopyRights (C)Kumamoto Prefecture All rights Reserved.