熊本の誘致企業発掘サイト ハタラクト
阿蘇郡西原村[半導体関連]
企業一覧に戻る
自社一貫生産で超精密加工を実現
先端技術にも注力する技術者集団
株式会社クリスタル光学 熊本工場
技術
事務
ガレージから出発し急成長を遂げる
1985年春、研磨職人として独立した桐野茂社長が、自宅ガレージの2階を作業場にして創業した「クリスタル光学」。単結晶材料の研磨技術を武器に、翌年には工場を竣工。半導体製造に欠かせない「マスフローコントローラー」のステンレス材の研磨を始めました。熊本工場は1990年に設立され、同製品向けの研磨量産化を本格的にスタートさせました。現在は、全国4つの工場で材料の切削から測定までの一貫生産体制を確立し、高精度・短納期を実現。顧客から高い信頼を集めています。
先端技術を取り入れ時代のニーズを読む
光学結晶材をはじめ、金属、非金属、セラミックスなど、さまざまな素材を扱い、8mもある大型サイズ部品も手がける同社。液晶やフィルム製造過程で薄い膜を作るのに使用される「コーター・ダイ」では、超精密研磨や大型化の技術を生かした同社製品が国内シェアトップクラスを誇ります。また、航空・宇宙産業へ参入するため、5軸複合マシニングセンタを導入。東京大学との共同開発に加え、新エネルギーや医療分野の研究開発も行っています。
高品質製品で半導体産業に貢献する熊本工場
熊本工場では、同社の主力製品である「マスフローコントローラー」用部品を加工しています。半導体製造装置ではさまざまなガスが使われ、中には有毒なものもあるため、ガスの流量調整を行うこの部品の製作には超精密な作業が求められます。30年の歴史を持つ熊本工場では、技術を極めたベテランと新たな才能を持つ若手が融合し、顧客の要望に応えるだけでなく、異素材や加工分野への挑戦、自動化にも取り組み、さらなる発展を目指しています。
先輩
先輩紹介
中田仁さん(熊本県菊池郡大津町出身)
2014年入社
技術(表面処理部)
仕事では、鏡面に磨かれた部品の表面に、酸化処理を施して耐食性を更に向上させる「不動態化処理」を担当しています。また、人の手で行われている作業の自動化にも取り組んでいて、自分の頑張り次第でチャンスがもらえ、さまざまなことにチャレンジできる職場環境にやりがいを感じています。会社が、専門書の購入や資格取得の給与への反映などでバックアップしてくれるのもうれしいですね。
職場の皆さんがとても友好的で、分からないことなども質問すればしっかり教えてくれます。休日は、地元の友人や会社の同僚たちとフットサルをしています。ベトナムから来た実習生も同じチームで汗をかいています。
研磨作業の様子。難易度の高い加工も測定機器を使って数値化し、
技術継承やスピード・質の向上を図っています
熊本工場ではベトナム人実習生も活躍。
誰でも活躍できるダイバーシティな職場を目指しています
マラソン、自転車、フットサル、バレーなど、体を動かすこと が好きな社員が多く明るい職場
企業名 株式会社クリスタル光学
代表者 取締役社長 桐野 茂
住所 熊本県阿蘇郡西原村大字布田1124-1
TEL 096-279-3808
資本金 6,000万円
社員数 42名
(熊本工場:2019年11月現在)
採用に関するお問い合わせは
TEL.096-279-3808
企業一覧に戻る
このページに関する
お問い合わせは
(ID:86)

企画・制作:熊本県、熊本県企業誘致連絡協議会
お問い合わせ先:熊本県企業立地課(TEL)096-333-2330
〒862-8570 熊本市中央区水前寺6丁目18番1号

CopyRights (C)Kumamoto Prefecture All rights Reserved.