総合トップへ
企業立地ガイドKUMAMOTO
ホーム  >  トピックス  >  ㈱日本医療機器技研の「マグネシウムを使った医療機器開発」が始動

トピックス

㈱日本医療機器技研の「マグネシウムを使った医療機器開発」が始動

最終更新日 [2015年9月28日]  
 平成27年9月28日(月)、株式会社日本医療機器技研のマグネシウム合金を使った医療機器開発に伴う立地協定(新設)調印式が熊本県庁にて行われました。

また、今回は、熊本県、国立大学法人熊本大学、不二ライトメタル株式会社と連携したマグネシウム合金製ステントの実用化に取り組むこととなり、立地協定調印式と併せて包括的連携協定調印式も行われました。

 

【ステント】

「ステント」とは、狭窄した血管等に挿入・拡張することで血液等の流動を回復させる医療機器。一   

的には、金属製で、その形状は網目の筒。

マグネシウムは、人体の必須元素で生体吸収性を有しており、医療部材への適用が期待されており、国内外で研究開発が進められています。

 

 

ステント

【株式会社日本医療機器技研】

■本社所在地 岡山市北区芳賀5303

■代表者   代表取締役 波田野 和紀

■事業種目  医療用機械器具製造

■資本金   250千円

■従業員数  10人

■設立    平成15年12

 

 

 

握手

左から1人目  不二ライトメタル株式会社 代表取締役社長  中重 健治 氏

2人目  株式会社日本医療機器技研 代表取締役    波田野 和紀 氏

    中央      熊本県知事                   蒲島 郁夫

  右から2人目  国立大学法人熊本大学 学長         原田 信志 氏

  右から1人目  益城町長                  西村 博則 氏

 

お問い合わせ先

(局名)新産業振興局  (課名)企業立地課 

(担当)金棒

TEL)096-333-2328

E-mail kigyouricchika@pref.kumamoto.lg.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)